イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

【ネタバレ感想】イジメラレ体質11話|父親と訳ありな京介に巴ができる唯一の事

今、私は京介に信用されていない。
これはかつて、私が京介にしたこと。
……同じ事は繰り返したくない。

「寂しそうにしてたら慰めたいし、励ましたい……だから、逃げないで


 

ツンデレ男性×恋に不器用な女性のすれ違いイチャラブコミック「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~」

 

そろそろ婚姻届を役所に出しに行こうと話していた矢先、父親の緊急搬送により、社長代理を任された京介。

段々とやりがいを感じた上に、父親から期待されていたと聞き奮闘するものの、効率を重視する余り、役員と衝突し、信頼は急降下。
様子を見に来た父親からもきつい評価を下されることに。

自身の力不足に落ち込む京介は、帰宅した巴を見るなり襲い出すが……

 

失意の京介を巴は救うことができるのか?
また、幼少期から京介が抱き続ける父への複雑な想いも綴られ、切ない内容となっています。

 

※本ページは「イジメラレ体質11話」のネタバレありレビュー記事です※

▼すぐにご購入・試し読みをしたい方はこちら▼
(ネタバレ無しで、試し読み/ご購入リンクまで移動できます)
(雑誌系は対象作品の試し読みができないことがあります)

【解析】イジメラレ体質11話

登場キャラクター

細川 巴[ほそかわ ともえ]
社長代理として奮闘するが、躓き、失意する京介から逃げずに向き合う。
また、彼が長年抱いていた家族への複雑な想いを知り、改めて絆を深めあう中、何気ない発言で予想外のプレイに発展してしまう。

蟹田 京介[かにた きょうすけ]
父親の急病を機に期間限定で社長代理となるものの、効率性ばかりを見てしまい、重役をはじめとする周囲からの信頼を失い、父からも辛辣な評価を貰ってしまう。
失意のうちに巴に当たってしまい……。
11話内では父親との確執や本音が露呈される。

ストーリー・魅どころポイント

京介に襲われる巴が生じた感情は恐怖ではなく……

「何かあったの!?」
「は?なんもねーよ、巴を抱きたいだけ」

巴より先に帰宅していた京介の目は鬱ろ。

 

心配する巴の気持ちを余所に京介は、無理やり事をしはじめます。

押し倒され、抵抗できず、衣服を無理やり取られ、上着のボタンが取れ……
話も碌にできない状態に巴は恐怖よりも『寂しさ』が先立ちます。

 

「やめて!」

明確な拒絶の言葉で、京介は我にかえります。

しかし、自身の気のおかしさに吐き気を催し、外泊する(巴を距離を置く)と言い残し出て行こうとする始末。
何を聞かれても「お前には関係ない」としか言わず……

 

(どうして何も言ってくれないの?)

ショックを受けた巴は、かつて自分が同じことを京介にしていたのを思い出します。

父親に愛されてないと自覚する京介の独白

京介は父親と幼い頃から、殆ど顔を会わせずにいました。
父の活躍は、母や仕事仲間と名乗る大人たちから聞き、間接的に知るだけ。

 

久しく会えても問われるのは、学業や成績のことのみ。
渡したプレゼントもずっと机の上に置いたままで、開けられることがありませんでした。
更に、クラスメイトは父親と遊びに行ったり沢山の思い出を作っているのに自分には無い。

 

そんな状況を『仕方が無い』と懸命に解釈していたのに、弟ができたら自体は一変し……

(どうして……僕がいるのに……)

その疑問が大人になっても解消されることはありませんでいた。





過ちがあったからこそ向き合えた巴と京介

勝手に決めて、行動を起こしていく。
相手の意思など気にもせず。

この流れは、かつて自分が京介と距離を置こうとした時と同じだと思い出した巴は……

 

「逃げないで!」
「しつこいぞ、やめろ!!!」

出て行こうとする京介にしがみつき、話を聞こうとする巴。
振り払われそうになっても必死に抵抗します。

 

「寂しそうにしてたら慰めたい……好きだから知りたい!」

『京介の絶対的な味方』でいると決心した巴の意思に感化された京介は、自身の暴走を省み、これまでのことだけでなく、今まで話さなかった父親との関係についてを語り出します。

 

深い事情まで話してくれた京介に巴はお礼を告げますが、京介は「甘やかすな、今度暴走したら殴れ」と照れた返しをします。

 

「……京介になら、なにをされてもいいよ」

巴の何気ない言葉。

それは彼女の無理やりされそうになったことへの答えでもあり、京介のスイッチを再び入れる物でもありました。

「イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…」
11
話の試し読み・ご購入はこちら

各サイトでは、1~11話が一気に読める単行本版も購入できます。
(単行本には限定のオマケコンテンツが収録!)
※まんが王国の試し読みは1話のみとなっております

【感想】京介&巴の唯一無二な関係描写とSMイチャラブのセットに大満足

暴走がちな京介に対して、恐怖よりも寂しさを感じ、彼の真意を聞こうと一生懸命になる巴に涙しました。
初期で京介の尖った言動に委縮したり気落ちしていたのが嘘のようで……

過去の巴が京介と距離を勝手に置いたエピソードがこういう形で活かされるの、とても絶妙で上手いなと思いました。
京介の「信用されてない」発言の回収方法も好き……!!!

仲直り後、例の発言後のイチャラブパートは良い意味で前半の続きで最高でした。
もう『イジメラレ』はイジメではなく、プレイの一種ですね。

 

結果的に京介の会社でのやらかしは取り返しができるものばかりだったし、揉めた重役の方とは上手く関係を紡げたようで安心しました。
(あと、過去に出て来た京介父の部下は、例の重役さんかな?)
巻いた種の責任をしっかり行う京介はとても尊敬できるし、彼がこうなれたのは巴の存在もあったのかなと思うと二人の関係はやっぱり尊い……。

 

京介の父親が語っていた「京介を支える適役は別にいる」は、巴を指しているんでしょうね。
確かに京介の助けになれてる唯一無二の存在ではあるんですが、京介の独白を見ると、何かしらの形で蟹田父子がお互いの関係を清算する回が来て欲しいと思わずにはいられません。
未だに蟹田夫妻からはやや毒親気質(完全に悪人では無いんですが、子供への接し方的な意味で)を感じてしまうので。

京介は父親に愛されてないと思ってるし……
例のプレゼント、忙しくて開けれてないだけで~みたいな誤解が相当積もってそう。

 

次はとうとう結婚式編(もしくは巴の退職・妊活編?)のような気がしますが、全てが上手くいく展開にしないのが、この作品ならではと思っているので、これ以上何が来るの!?とちょっと怯えている心情です。

むしろ、ずっと出て来なかった京介の(たくさんいたと思われる)元カノが登場するとか?
巴はこれまでの相手に距離を置かれて終わってる感じですが、京介の場合は修羅場っぽいのもありそうだなーと思ったので。

 

 

試し読み・お得に買える電子書籍サイト紹介

『イジメラレ体質〜お見合い相手の太い指でイ…ク…〜』は

  • 1話ずつ読める単話版
    ※2021年4月現在、13話まで公開中
  • まとめて一気に読める単行本版
    ※2021年4月現在、2巻(1~11話)まで購入可能

の2つから購入可能です。

単行本版の方が、金額的にお得な上、限定のおまけ漫画が収録されているため、新規で買う場合は『単行本版』がオススメです。
(例:1~11話分は単行本版で見て残りは単話版で買う)

単行本版:1冊約638円(1話換算にすると、1巻分/約106円、2巻分/約127円)
単話版:1話につき約165円(単行本化してる11話の合計約1,815円)

 

電子書籍サイトでは、常に紙媒体版ではあり得ない大幅な割引・還元キャンペーンが行われています。
(例:50%オフ、ポイント60%分還元、ログボで1,000円分のポイントGetなど)

情報を知れば知るほど、好きな作品をたくさん読める&作者さまへ貢献可能!

 

現在、お得なキャンペーンをしているのは↓こちら↓
(こちらは随時更新しております)

■Amebaマンガ■

  • 初回限定!100冊まで全作品が半額で購入できる超お得キャンペーン実施中

 

■DMMブックス(旧:DMM電子書籍)■

  • 毎日更新!最大100%OFFでゲットできる割引キャンペーン
  • 2021年10月の毎週金曜日は少年少女漫画ほぼ全部30%還元
RELATED POST
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

【ネタバレ感想】イジメラレ体質8話|距離感のおかしい義弟がグイグイ来る!?

2021年6月15日
面白い電子書籍を探すならコミレビュ!
悩みが残るものの、恋人と念願な同棲生活がはじまった! しかし、義弟を通じてまたすれ違いが発生。 「黙って俺の言うこと …
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

【ネタバレ感想】イジメラレ体質3話|元イジメっ子が同窓会で自分を婚約者だと言いだした

2021年4月6日
面白い電子書籍を探すならコミレビュ!
「好きだと言わなかっただけで、顔色変えやがって…イライラするんだよ」 勝手に結婚相手と言いふらされ、二人きりになると人 …
イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…~

【ネタバレ感想】イジメラレ体質13話|巴の元恋人登場→優しく豹変する京介の秘密とは?

2021年6月24日
面白い電子書籍を探すならコミレビュ!
「あいつは知ってて引き受けたんだよ!巴は男の怖さを知らないんだ!」 男の怖さなんて…瀬川君はそんな人じゃないよ。 け …