凪のお暇

凪のお暇2巻/7話「七円め 凪、露知らず」→慎二「凪と復縁したい…」キャバのお姉さん「絶対無理w」(ネタバレあり)

投稿日:2017年11月29日 更新日:

------------------------------------
【DMM電子書籍・限定キャンペーン実施のお知らせ】
2019年8月30日 14:59まで
現在、読めば読むほどお得なサマーキャンペーン実施中!!
本ページで紹介されているコミックを買うと、購入分の50%分がポイント還元。
(ポイントは1pt=1円として使えます)
初めての購入時に使える『50%オフクーポン』と併せると更にお得です。
------------------------------------



 
空気を読み過ぎて、空気との接し方を忘れてしまった女性・大島凪の奮闘記コミック「凪のお暇 2巻」

1巻では周囲の空気にあわせる余り、都合よく利用され続けた結果、本当の自分を見失ってしまった凪。
その後、会社を辞めて新たなスタートダッシュをする中、様々な新しい出会いや、元恋人との応酬に一喜一憂しながらも成長して行く内容となっていました。

2巻(7話~)からは凪の新しい恋愛(?)エピソードや新しいキャラクターたちとの出会いがあるなど、前巻に負けずな盛り上がりとなっています。

7話は凪にとって『捨てて、なかったことにしたかったもの』の一つ、元恋人・慎二をメインにしたストーリーです。

慎二が凪を未だに好きな理由の他、彼の意外な人間らしさが垣間見えるかも!

 

※本ページは7話「七円め 凪、露知らず」の紹介となります。



 

凪のお暇7話 ざっくりご紹介

凪のお暇・7話はこんな話

 

七円め 凪、露知らず
5つのポイントでわかる凪のお暇 7話

  • 凪の元恋人・慎二は凪と同じく『空気を読んで』生き続けた人種。
    だからこそ、空気を読むことに必死な凪に惹かれ、一生守ってやると強く誓うほど、好意を抱いていた。
  • 変わりたい凪に対し、慎二が変わらなくて言いと伝えたのは善意から来る本心だったが、その感情の中に『蹂躙しやすい凪』を求めていた。
  • 慎二は新しい恋人候補を交流するものの、凪が忘れられず、次の恋をできずにいた
  • 職場の付き合いで訪れたことのあるキャバクラの嬢・杏に凪の件を相談をする慎二。
    人生経験豊富な杏からのコメントは「お互い向き合えていないんじゃ、復縁はありえない」
  • 一方の凪は、自室のベランダで隣人・ゴンのことを想い、頬を赤らめていた

 

主要人物

  • 大島 凪(おおしま なぎ)
    空気を読み過ぎて壊れてしまったのを機に、社会からドロップアウトし、『なりたい自分』を目指すことに。
    今回は慎二の回想と、物語のラストのみに登場。
    ゴンへの恋愛感情が以前よりも大きくなっていることが見受けられる状態。
  • 我聞 慎二(がもん しんじ)
    凪の元恋人かつ、今回のメインキャラクター。
    7話では、付き合っていた凪のどこに惹かれたのかが判明。
    凪に対する想いは本当のようだが、どこか歪んでいるに加え、好きな子は虐めたくなる体質なため、復縁の可能性は極めて低い。
  • 杏(あん)
    慎二が仕事の付き合いで使用したキャバクラの嬢。ストレートヘアーの美人系。
    定期的に慎二の恋愛相談に乗っている模様。
    見た目に反し、思ったことをキッパリ言う性格で慎二に対して的確な指摘を入れられる数少ない人物。

 

補足解説

慎二は凪同様、幼少期から『周囲に合わせて空気を読む』ことで様々な困難をくぐり抜けてきたことが分かります。
空気を読む言動をした結果、友人・同僚たちから感謝されることはあるが、自身は『都合の良い酸素』になっていることに虚しさを感じいた彼にとって凪の存在は救いでもあり、惹かれるべくして惹かれたのかもしれません。

回想シーンでは凪がコンプレックスの髪を何時間もかけて直すところを慎二が偶然見てしまい、ショックを受けるどころか、「可愛い」と胸を高鳴らせるシーンも。
(貧乏くさいと馬鹿にしてた凪の手作りご飯も大好きだったようです)

慎二が(自分の暴言がきっかけで)倒れた凪に即フォローできなかったのは、仕事の都合だったようで本人はすぐにフォローしにいきたかったとのこと。

更に、7話内では一応、慎二の新しい恋人候補と思われる女性が登場しますが、凪に比べると色々劣る点があるようで進展はストップの模様……。
(凪は慎二の体調に合わせて手作り料理を作ってくれたのに対し、恋人候補の子は手作りと称してデバ地下を出してくるなど)

全編通し、慎二の凪に対する誠実な面が垣間見えつつ、彼は凪を下に見ていることも判明。
変わりたい凪と今までの(都合の良い)凪でいてほしい慎二、二人が分かり合えるのは、ずっと先か、永遠にこないのかもしれません。
(キャバ嬢の杏が作中で慎二の歪んだ愛情を指摘をしているシーンが非常に面白いです)

 


 

今後の伏線は?気になるポイント

慎二との関係は終わったとし、新しい恋へ目を向けている凪と、凪への想いを断ち切れない慎二。
今回は、交り合うことのない二人の行く末が気になる話でした。
慎二の未練は相当の物ですが、現段階でかつての恋人関係に戻れる可能性は無いに等しいと思います。

しかし、プライドの高い慎二が凪に対し、どこまで譲歩できるか?によっては復縁もありえるのかもしれません。
杏に言われていた『モラハラ体質』もしっかり自覚しないと凪からは拒否され続けられるかと。

恐らく、凪の恋愛関係ストーリーで慎二は絡むかと思うのでその時のやりとりによっては……になるのでしょうか。
あと、ゴンがどんな人間かにもよりますよね。
(ゴンに裏の顔がない&フリーで凪に好意アリなら、慎二に勝ち目は、ほぼ無いかもですが……)

 

凪のお暇7話「七円め 凪、露知らず」の感想

2巻は慎二の掘り下げメインのお話からスタートです。
お前、凪のこと好きすぎだろ!!!
1巻とのギャップさに驚きを隠せませんでした。

今回の話を見て、「なんで慎二が凪に拘るのか?」が何となくわかった気がします。

これまで、空気を読みつづけて仮の自分を作り続けた慎二にとって凪は似た者同士。
自分が求める物、愛しい所をたくさん持っている。
見た目が好み。
しかも、立ち場が上でいられる(凪が基本的に尽すタイプなので)……というオマケ付きですからね。

ただ、慎二が杏に「蹂躙しやすいまんまでいて欲しいだけだったりして?」と指摘されてるシーンを見ると、慎二のモラハラ(いじめっ子気質)は天然なのかなと感じたり。

凪と寄りを戻すなら高いプライドや『自分が凪を下に見ていた事実』を受け入れて改善しないと難しいんじゃないでしょうか。
(あと、凪の再スタートを許容しないと、そもそも話にならないという……)

なんだか、慎二を応援したい気持ちとそうでない気持ちが戦い合って複雑な気持ちです。
いい意味でモヤモヤできるストーリーを読めて個人的には幸せなのですが……

 

あと、キャバ嬢の杏が痛快なほど、慎二のダメなところを指摘してくれるのがいいですね。
慎二をあそこまで論破できたり、弱らせたりできるのは本作中、彼女だけなのでは?
こっそり好きなキャラクターなので今後も出てくれると嬉しいな。

 

ご購入はこちらから

------------------------------------
2019年8月30日 14:59まで
DMM書籍限定のサマーキャンペーン実施中!
期間内に、本ページで紹介しているコミックを購入すると、買った分の50%分がポイントとして還元されます。
------------------------------------


DMM電子書籍さまへ移動します。
※最新巻以外(既刊)はスクロールすると表示されます※

☆初めてDMMを利用(会員登録)する方は50%オフのクーポンが付いてくるのでお得!☆
(2巻7話のみ、冒頭部分の試し読みが行えます。ご購入者さまのレビューもあり)

↓画像クリック(タップ)で移動します↓
 

キャンペーン実施中の電子書籍サイトのご案内

「信頼できる運営会社」「会員登録が無料で楽」「常にお得な割引サービスが実施」
全て揃ったサイトをご紹介。
大幅割引キャンペーンが多く、amazon・楽天とは別の恩恵がたっぷりあります。

※こちらの項目は電子書籍サイト様のキャンペーン状況によって随時変更しております※

■ReaderStore■
ソニーの運営している電子書籍サイト。
現在、初回登録時に最大90%OFFのクーポンが貰えるキャンペーン中。
他には『平日朝割』『最大70%オフ割』『ゲリラ割引企画』を随時、実施しています。


■DMM電子書籍■
DMMが運営している電子書籍サイト。
現在、初回登録時に最大50%OFFのクーポンが貰えるキャンペーン中。
購入分大幅ポイント還元、レビューで最大500円分のポイントがもらえるなど、通常時もサービス大。
一般書籍だけでなく、マニアックなコミックが数多く取り揃っているのが魅力です。


■eBookJapan■
ヤフージャパンが運営している電子書籍サイト。
登録&ヤフーアカウントの連携で最大50%OFFクーポンプレゼント中。
購入時にTポイントが同時に溜まったり、
『コミック全巻読みできるくじ引き』『脅威の80%オフキャンペーン』『話題の作品無料試し読み企画』
など、お得レベルのトップクラスと品ぞろえが魅力となっています。


 







一緒に読まれている記事はこちら

※ページによっては表示されない場合がございます※

-凪のお暇
-, , , ,

Copyright© コミレビュ! , 2019 All Rights Reserved.