凪のお暇

凪のお暇2巻/12話「十二円め 凪、かえりみる」→【悲報】婚活パーティーで元同僚のマウント女と再会してしまう(ネタバレあり)

投稿日:2017年12月4日 更新日:

------------------------------------
【DMM電子書籍・限定キャンペーン実施のお知らせ】
2019年8月30日 14:59まで
現在、読めば読むほどお得なサマーキャンペーン実施中!!
本ページで紹介されているコミックを買うと、購入分の50%分がポイント還元。
(ポイントは1pt=1円として使えます)
初めての購入時に使える『50%オフクーポン』と併せると更にお得です。
------------------------------------



空気を読み過ぎて、空気との接し方を忘れてしまった女性・大島凪の奮闘記コミック「凪のお暇 2巻」

11話では、凪・慎二・凪のご近所さんという異色なメンツでの戯れで少し笑えた後、凪と慎二の仲が更に拗れていくというもどかしい締めとなりました。

ゴンの雰囲気に惹かれる凪とそれに嫉妬するけど、自分をすぐに変えられない(凪の変化を許容できない)慎二の三角関係(?)がジワジワと波を立てていってるのがたまりませんね。

そして、ギスギス&ハラハラな雰囲気の中でのうらら&映画好きのお婆さんが大変癒しでした。
(この二人、すごく好きです)

今回の12話は凪の就職活動友達である坂本が、彼女なりに凪の新しい恋を応援しようとしますが……

また、1巻に出て来た凪の同僚(慎二に少し気があり、常に凪へマウントを取っていたショートボブの女性)も再登場し色々とカオスな流れに!?

 

※本ページは12話「十二円め 凪、かえりみる」の紹介となります。



 

凪のお暇12話 ざっくりご紹介

凪のお暇・12話はこんな話

 

十二円め 凪、かえりみる
5つのポイントでわかる凪のお暇 12話

  • 前回、慎二からキスをされた凪は喜びではなく、憤りを生じ、彼をひっぱだいてしまう。
    結局、凪の中で慎二の評価は上がずに終わってしまった。
  • 慎二との一件を就活仲間である坂本に報告する凪。
    そんな凪に対し、坂本は「大島さんに必要なのは新しい出会い!」だと主張。
    凪は強制的に婚活パーティーへ参加させられてしまう。
  • 婚活パーティーでは、押しの弱さとスキの多さが原因で男性達に迫られてしまう凪。
    そんな凪の助け船になったのは、元同僚・足立だった。
  • パーティー後、喫茶店で話をする凪・足立・坂本。
    過去、凪へマウントを取ってた足立は『凪は(主に男性から)下に見られる存在』だと言いたげに好き放題言い出す。
  • そんな足立に対し、彼女の荒を次々に指摘し、攻めたててしまう凪。
    足立のプライドを粉々にしてしまう。
    目を丸くする足立と坂本を尻目に凪は、胸のすく思いと同時に自分が人の事が言える立ち場でない人種だと気づくことに。

 

主要人物

  • 大島 凪(おおしま なぎ)
    空気を読み過ぎて壊れてしまったのを機に、『なりたい自分』を模索中。
    慎二との苦い思い出を積み重ねた件を坂本に話した矢先、無理矢理、婚活パーティーに参加させられる。
  • 坂本
    凪の就職活動友達。
    マルチにはまり、友人を失いつつあった矢先に凪と友情を築いた仲。
    今回は凪から語られる慎二のクズっぷりに腹をたて、暴走してしまう。
  • 足立
    凪の元同僚。仕事を要領よく行えるキャリアウーマン。
    相手に対し、マウントを取りたがる上に、思ったことをストレートに口に出してしまう性格。
    過去、凪に仕事を押しつけるなどをしていた。
  • 我聞 慎二(がもん しんじ)
    凪の元恋人。
    前回、ゴンの目の前で凪と無理矢理キスするが、凪からはひっぱだかれてしまう。

 

補足解説

前回のキス騒動を坂本に愚痴る凪。
慎二が嫉妬の挙句、してしまった行為は裏目に出てしまいました。
(凪は慎二が手みやげに持ってきたお菓子が好物だったことなど、彼の気遣いが嬉しくて、つい追いかけてしまったら急にキスされたので結局、性欲かよ!となってしまった模様)

坂本は「クソみたいな元カレを見返してやりましょう!」と変な方向へ暴走。
凪の意思を聞かず勝手に婚活パーティーに登録、参加させてしまうことに。

『空気を読んで相槌を打つ』ことに長けていた凪は参加者の男性たちから手頃な女性だと認識され、大人気に。
(坂本は凪がもてていると解釈し、遠くからニコニコして見ているだけ)
セクハラまがいのことをされたり、連絡先を聞きだされたりし、困った凪を助けたのは奇しくも、会社の元同僚・足立でした。

足立は同僚であった凪を見下している傾向があり、再会後、喫茶店で積もる話をするものの、基本的に凪を貶す内容ばかり。
(足立は1巻の1話でも少し登場しており、凪に仕事を押しつけ、彼女の成果を自分の物にしているなどしていました)

関係を切った他人に馬鹿にされたことに腹を立てた凪は、婚活パーティーで『スペックの高い男性』との出会いを求める足立に対し
「雰囲気違くてビックリしたのはこっちもだよ。もしかして会社帰りわざわざ着替えたの?なのに収穫ないってちょっと切ないね」
「足立さんは相手の肩書きによっては抱かれちゃうの?それって男と同じくらい浅ましくない?」
などと、攻め立ててしまいます。

足立を非難する中、凪に芽生えたものは、爽快感ではなく、自己嫌悪でした。
「私……慎二の肩書き以外のどこに惚れたのか、思い出せない……」と感じてしまったからです。

 


 

今後の伏線は?気になるポイント

凪の慎二への複雑な気持ちが明確化された回となりました。

慎二は、周囲から『(空気を読んだ末の)仮初の姿』が慕われていることに虚しさを感じ、その先に凪に惚れた経緯があるので凪から「慎二の肩書き以外のどこに惚れたのか、思い出せない」と思われていることを知ったら、相当のショックを受けること間違いなしかと。

今後は凪の固まりつつある、慎二への感情がそのままになるのか否かが気になりますね。
1~2巻と元恋人としての二人が描かれていたので3巻あたりで決着がつくのかも?

また、今回やたらと暴走していた坂本の今後も気になります。
再度、凪周辺を掻きまわしてしまうのか?もしくは今回の事を機に大人しくなるのか……できれば後者であって欲しいところ。
(物語をカオスにするなら前者になる予感)

 

凪のお暇12話「十二円め 凪、かえりみる」の感想

スッキリする派とモヤモヤする派が分かれそうと感じた内容でした。

今までマウントを取りまくって来た足立に対して、凪がようやく反論できるようになった……に関しては大変スッキリするんですが、流されるままに婚活パーティーに参加しちゃったのがなあ。
(あと、普段の行動はアレですが、婚活パーティーで凪を救ったのは坂本さんでなく足立なので、あそこまでフルボッコにしなくてもという気持ちが……)

足立の独身拗らせ&マウント取りたいウーマンっぷりは知り合いにちょっとそっくりなため、色々複雑な気持ちになったり……ビジュアルは清潔感のあるボーイッシュ美人なのにもったいない。
(足立自体は効率よく仕事をするタイプに見えるのでドクズかと聞かれたらそこまで……って感じもしますが)

坂本さんは悪い子ではないし、個人的に凪と同様、頑張って成長して欲しいと感じつつ見ているキャラクターなのですが今回は暴走しすぎでしたね。
男性たちにセクハラまがいなことされて困ってる凪を見てもニコニコしちゃうのが怖い……
せめて婚活パーティーに参加しないかと事前に提案してから連れて行けよと感じてしまいました。

そして、ほぼ登場しないのにも関わらず(冒頭、会社で足立と雑談するくらいの出番)凪からの好感度が息を吐くかの如く下がりまくってる慎二に涙が……

しかも凪は慎二のどこが好きだったか思い出せない衝撃的なオチ付き。
この感情に対する凪の心情が3巻で見れればと思いながらの読了でした。

 

*****

 

【2巻のオマケ・次回予告について】

コミック2巻は12話のあと2つのショートストーリーと4コマが掲載されています。
レジ袋を使ったリフティングエクササイズいいなあ……
そして、凪のSNS依存っぷりに闇を感じざるを得ない。

また、3巻の予告では凪が
「少しずつ分かってきた、自分の気持ち」
「そもそも(私と慎二は)価値観が違ったのだ」
と意味深な言葉を浮かべているシーンが掲載されています。
これは凪なりの決別フラグなのかな?

また、ゴンが凪へ更にアプローチをかけている一コマもあるので、そろそろゴンの心情も描かれるのでは!?と楽しみでたまりません。

 

ご購入はこちらから

------------------------------------
2019年8月30日 14:59まで
DMM書籍限定のサマーキャンペーン実施中!
期間内に、本ページで紹介しているコミックを購入すると、買った分の50%分がポイントとして還元されます。
------------------------------------


DMM電子書籍さまへ移動します。
※最新巻以外(既刊)はスクロールすると表示されます※

☆初めてDMMを利用(会員登録)する方は50%オフのクーポンが付いてくるのでお得!☆
(2巻7話のみ、冒頭部分の試し読みが行えます。ご購入者さまのレビューもあり)

↓画像クリック(タップ)で移動します↓
 

キャンペーン実施中の電子書籍サイトのご案内

「信頼できる運営会社」「会員登録が無料で楽」「常にお得な割引サービスが実施」
全て揃ったサイトをご紹介。
大幅割引キャンペーンが多く、amazon・楽天とは別の恩恵がたっぷりあります。

※こちらの項目は電子書籍サイト様のキャンペーン状況によって随時変更しております※

■ReaderStore■
ソニーの運営している電子書籍サイト。
現在、初回登録時に最大90%OFFのクーポンが貰えるキャンペーン中。
他には『平日朝割』『最大70%オフ割』『ゲリラ割引企画』を随時、実施しています。


■DMM電子書籍■
DMMが運営している電子書籍サイト。
現在、初回登録時に最大50%OFFのクーポンが貰えるキャンペーン中。
購入分大幅ポイント還元、レビューで最大500円分のポイントがもらえるなど、通常時もサービス大。
一般書籍だけでなく、マニアックなコミックが数多く取り揃っているのが魅力です。


■eBookJapan■
ヤフージャパンが運営している電子書籍サイト。
登録&ヤフーアカウントの連携で最大50%OFFクーポンプレゼント中。
購入時にTポイントが同時に溜まったり、
『コミック全巻読みできるくじ引き』『脅威の80%オフキャンペーン』『話題の作品無料試し読み企画』
など、お得レベルのトップクラスと品ぞろえが魅力となっています。


 







一緒に読まれている記事はこちら

※ページによっては表示されない場合がございます※

-凪のお暇
-, , , ,

Copyright© コミレビュ! , 2019 All Rights Reserved.