【男×女】刺激ありなイチャラブ系

【ネタバレ感想】お前のおクチを塞がないとな?~彼に教わるMの品格~3話|S男は婚約者持ち?現実に絶望した雪乃の決断

「私は彼の特別な存在どころか……ただのオモチャだったんだ」


 

加虐性癖を持つ男性と隠れM気質を持つ女性のラブコメコミック「お前のおクチを塞がないとな?~彼に教わるMの品格~」

前回は誠の命令に逆らえきれず、彼の奴隷となってしまった雪乃でしたが、誠からの愛情や優しさを感じ、気持ちが高まってきた矢先……!という内容でした。

彼なら女性の影があってもおかしくないとは思いましたが、婚約者…となると話は別になりますよね。しかも、色々訳ありの模様。

誠と婚約者の関係は本当に続いているのか?
雪乃の会社に出向してきた誠の真実とは!?

……誠と雪乃は、互いをどう思っているのか?

今回は、1・2話内で生じた様々な疑問が全て解決する最終話のレビューとなります。

雪乃が出す答えはもちろんですが、誠がどSに拘る理由や、雪乃へ対する想いがしっかり描かれていますので、二人の行く末が気になる方は必見!

 

※本ページは「お前のおクチを塞がないとな?~彼に教わるMの品格~ 3話」のレビュー記事です※

【解析】お前のおクチを塞がないとな?~彼に教わるMの品格~3話

登場キャラクター

松村雪乃
純情を絵に描いたような女性。誠との過激な付き合いを通して、長年抱いていた『自身への不満の原因』に気づくと同時に、恋心を自覚。
しかし、誠に婚約者がいることを知り、関係の解消を申し出る。

鬼頭誠(ユウキ)
爽やかな見た目とは裏腹に、加虐性癖を持つ青年。
雪乃からの別れに憤怒し、彼女の心を取り戻そうとするが無理だと察し別れを受け入れる。

ストーリー・魅どころポイント

現実と失望……雪乃は「別れ」を決断する

誠に婚約者がいる噂を聞き、不安を募らせていた雪乃は、偶然、誠と婚約者の逢瀬を見てしまいました。

 

現実を突き付けられた雪乃は絶望し、誠に関係の解消を申し出ます。
誠が持っている写真と動画は好きにしていい……だからもう従わないと。

急な拒絶に誠は動揺しつつも、雪乃の言動を嘘だと反論した後、無理矢理ホ●ルへ連れていくことに。
到着するなり『いつものプレイ』を一方的に始めて雪乃を滅茶苦茶にします。
そうすれば雪乃は答えてくれると確信して。

 

しかし、雪乃の気持ちは変わることはありませんでした。
激しく求められているのに、気持ちいいはずなのに、嬉しくない……

誠に抱かれながら雪乃は自分が根本的に間違えていることに気づき、想いを反芻させます。

 

自分は特別な存在以前に、ただの玩具。
誠に正式な相手(婚約者)がいるのを知ったなら諦めるのが常識。

そう分かっているのに……私だけを見て欲しいと思っている。

 

惨めさを感じる余り、泣きだす雪乃を見た誠は行為を止め、彼女を追い詰めていたことを後悔します。

そして、歪な関係の解消を受け入れました。

誠との関係を終えた雪乃が襲われ、意外な結末に!?

二人が別れてから数日後。

誠と雪乃はプライベートで会うことは一切なく、社内も必要以上のことは話さなくなりました。

これが普通で当然の結果だと思いながら、雪乃は自らの身体に異変が起きているのを感じ始めます。

誠としたプレイが忘れられない。
また激しくされたい……あの快感を味わいたい。
彼との行為で殻を破ってしまった自分はもう戻ることなんてできない。

 

『自分が本当に求めていた物の答え』

それは、「誰かに虐められたいという欲望」であり、誠と交わったから知れたのだと理解します。

誠との行為があったから、ずっと空いていた心の穴を埋められた。
大好きな人と一緒した行為の結果だったからこそ、愛おしくて大切な本当の欲望なのだと。

 

変わった自分とどう向き合えばいいのか分からず、日常を送り続けた雪乃は会社帰りに見知らぬ中年男性に声をかけられました。

中年男は以前、誠と雪乃が公園で野外プレイに及んでいたのを偶然目撃したのを機に雪乃に対し歪んだ欲望を抱いていたそうです。

必死の抵抗も空しく、雪乃は中年男に「特殊性癖持ちの変●」だと罵られ、襲われる羽目に。
好きでもない男に暴行されるであろう恐怖で顔を歪ませた瞬間、久しく心地よい声が耳に入りました。

 

「おい、オレのもんだ。手、出すな……」

雪乃の元に駆けつけたのは誠でした。

中年男を追い払った後、誠は婚約者との関係は終わっている事実を告げます。
そして、そのまま雪乃を強引にビジネスホテルへと連れていかれることに。

 

「ハッキリさせるよ……オレたちの関係を」

 

誠に手を引かれ雪乃が辿り着いた先はホテルの一室。
そこには、誠の婚約者……もとい、元・婚約者の秋月がいました。

状況を理解できなく固まる雪乃と秋月。
彼女たちを尻目に誠は雪乃を秋月に紹介し始めます。

 

「僕の……奴隷だよ」

 

■3話の試し読みはこちら■

(DMMブックス(旧:DMM電子書籍)のサイトへ移動します)

【感想】最高に幸せで乱れたハッピーエンド!

誠は真剣な加虐性癖の持ち主だったんだなと改めて感じました。

自分の性癖が原因で人を好きになってもいずれ嫌われ、離れられてしまう。
主に外見やスペック目当てで惚れてきたくせに、肝心の中身を知ると「変態・異常者」だと煽られ、馬鹿にされる。
そんな過去があったからこそ、雪乃が大切だったようですね。
(あの変態行為の数々は彼なりのとびっきりの愛だったと)

雪乃と会えて嬉しかったと告げる時の誠は、いつもの暗黒笑顔ではなく純粋な笑顔で幸せそうで何よりです。

 

そして、雪乃も序盤に比べて自分がしたいこと、して欲しいこと真剣に伝えられる姿になり、彼女の成長を感じずにはいられませんでした。

両想いなのが分かった夜だけ普通のプレイにしちゃう誠可愛すぎやしないか?

最後のコマで雪乃が呟く一言は、完全にMに目覚めてるのがよく分かり口元が緩みまくりました。可愛い!!!

 

誠が雪乃と同じ職場に来た経緯(秋月が誠の特殊性癖に耐えられず→秋月の父親が憤怒し、誠を左遷)を思い返すと、ある意味、秋月の父親が誠&雪乃の恋のキューピットだったという可能……!?
あと、今回、登場した変態モブおじさん。

 

作中、秋月が誠の外見だけしか見ていないような辛辣評価をされていましたが、誠の性癖のガチっぷりについていけるのは同じくらいガチのM(雪乃)じゃないと務まらないので、秋月がそこまで悪いかと聞かれれば、そうでもない気もするんですよね……

本能が原因で生き辛さを感じていた誠、そんな誠とは相いれられなかった秋月、形容し違い欲望に悩む雪乃を思い返すと、本作は、エロス分が前面にあるものの、人が持つ性癖についてを考えさせられるメッセージ性のある内容と思わずにはいられません。

試し読み・お得なご購入方法はこちら

すぐに試し読み(気にいったらご購入)できるページのリンク集です。
気になるサイトからチェックしてみてください♪
※全て登録無料のサイトです
(これから電子書籍デビューする方は、特別特典があるので併せてチェック推奨)

★期間限定★キャンペーン情報

DMM電子書籍では
4月1日(木) 23:59まで、1話が無料で開放中。
気になる方は是非アクセスしてみてください。会員登録不要で読めます。

 

→お前のおクチを塞がないとな?1話(全部)をすぐ見たい方はこちら←

※3話の試し読みは『DMMブックス(旧:DMM電子書籍)』のみ可能です

【まんが王国】

≪10%オフ確定≫ 毎日、最大50%オフのクーポンが貰えるくじが熱い!

【DMMブックス(旧:DMM電子書籍)】

[2021/4/13更新]現在、初回割引サービス停止中。
(新しいキャンペーンがはじまりしだい、こちらを修正します)

【eBookJapan】
初回登録限定!『6冊まで50%オフ』になる特別クーポン付き!
※eBookJapanでは、全3話が一気に読める合本版での販売です※