外面が良いにも程がある。

【ネタバレ感想】外面が良いにも程がある。1話|女性を点数化するチャラ男が20点女に興味を持ったら人生変わった

「みんな、すごい可愛いね!」

(50点……、45点、70点…………20点!!あーあ、今日はハズレだな

外面MAXの男は内心、相手を馬鹿にしながら女の品定めをする。
まさか……20点女に人生を狂わされると思いもせず。


 

外見×隠れた内面のギャップを見ることで、人間の本性や生き様を考えさせられるゾッとしたり笑えたりする漫画「外面が良いにも程がある。」

 

1話「外面が良いにも程がある。」では、美味しいところを効率よく取りたい、外面だけはカンストしてる男が合コンで『20点』と酷評し、周囲からも馬鹿にされがちな女性に気を遣ったのを機に交流し、人生が一変するストーリーです。

今まで、自分をできる男と自負しつつ、異性をやや見下す人生を送ってきた彼に一体何が起こるのか!?
そして、20点女の隠れた秘密とは……?

序盤の合コンシーンは、ややイラっとするものの、途中から雰囲気が一気に変わる展開と、衝撃のオチ&少しホラーな後味は必見です。

 

※本ページは「外面が良いにも程がある。1話/外面が良いにも程がある。」のネタバレありレビュー記事です※

【解析】1話「外面が良いにも程がある。」

登場キャラクター

瀬高 一成[せたか かずなり]
自称・超外面人間。
『今を楽しむこと』『美味しいところだけ取りたい』がモットーの男。
甘い言葉をかける裏側では、女性の顔面を点数付けするなど、腹黒い。
元カノ・マミの提案で合コンに参加し、20点女こと吉野に出会い、人生が変わる。

吉野 安貴[よしの あき]
大きい眼鏡が特徴の生真面目系。
マミからの誘いで合コンに嫌々参加し、瀬高に出会う。
初対面時、瀬高から『(見た目が)20点』と酷評を受ける。

佐藤 マミ
瀬高の元恋人。
美人だが、自分を優先するあまり異性と長続きしなく瀬高もその一人。
世渡り上手な性格で、吉野が度々嫌な思いをしているらしい。

ストーリー・魅どころポイント

外見MAX男と20点女の出会い

人間って腹の内は上手く隠して
愛想や外見を良くしている方が生きやすいだろ?

 

効率よく、美味しいところ取りがモットーな瀬高 一成は、元カノ・マミの提案で合コンに参加することに。

「みんな、すごい可愛いね!」
「メニュー見る?届く?」「お酒ないけど頼もうか?」

女性に優しい声をかけ笑顔をかける瀬高でしたが
内面は真っ黒。

(50点、45点、75点……20点!)
(その気になるのが、はえーよ、45点女!)

心の内では、女性をハズレと称したり、馬鹿にする瀬高。
特に20点女と酷評した、吉野安貴に対しては特に辛辣なようで

(20点女、合コンなのにやる気無さ過ぎだろ…ロングスカートとか森ガール気どり?山に帰れよ)

 

吉野の見た目や服装を貶す最中、瀬高はあることに気づきます。
彼女には魅力が無い。けれど、食べ方がとてもキレイで……

「お前、何、メガネちゃん見つめちゃってんの!?」
「吉野さんは純情なんですから、手を出さないでくださいねっ!」

 

同僚やマミがからかい出し、雰囲気が悪化。
結局、吉野は帰ってしまいました。

何故か20点女が気になり、興味を持った結果

(なんで俺、20点女に取りつくろってんだよ………)

合コンから抜けだし、吉野を追う瀬高。
そこで瀬高は、吉野がマミから合コンに誘われ、嫌々参加した経緯などを聞くことに。

「マミさん、合コンに誘ったくせにいざとなったら”純情”だから手を出すなとか、バカにしてますよね」
「いや、俺……吉野さん狙いだったし」

 

発した後、唖然とする瀬高。

どうして好みでない…むしろ、見た目が20点程度の女に気をつかっているんだ?
ここまで外見を良くしたいとか病気だろ?

そう思いながらも、そのままデートにまで誘ってしまい…
彼自身が驚いている心情の変化の原因とは?

 

まさかのデート拒否!?外見重視男が犯していた罪とは…

何となく誘った、初デート。

瀬高は、触りの良い言葉を告げては心の内で吉野を少しだけ馬鹿にしますが、彼女のピュアな面を見ていく内に、罪悪感と恋愛感情に近い興味が芽生えてきました。

(今までにないタイプだけど、アリ……かもしれない?

 

段々と吉野が気になりつつある、瀬高は次のデートの誘いを自然としていました。
しかし……

「すみません、残業で行けません」

吉野からの返信はNo。
毎回断り文句は『残業』

避けられている?むしろ、フラれた?

瀬高は今までにないショックに打ちひしがれていると、偶然、元カノのマミと再会し、食事をすることに。

(あれ?こいつって吉野さんと同じ部署だよな…?)

その後、瀬高は、ある疑問とその答えで
自分がいかに薄っぺらい人間か、吉野を無自覚に傷つけていたことを知ってしまい…………

【感想】良い話かつ、ホラーな締め方が最高!

ナチュラルクズな男が、生真面目系な女性と関係を持ったら、自分が積み重ねて来た非(効率重視&他人を馬鹿にしてた+マミから聞いた事実)に気づいて己を省みる的な話かと思ったら最後に冗談抜きな衝撃的結末が待っていて、1話完結ストーリーとは思えぬ読了感をいただきました。

外見を重視しまくる瀬高を軸にしたからこそ、最後のオチはパンチ力あったかと。
そう思うと、最初のイライラする合コンは、超必須でしたね。
(途中で瀬高と吉野がからかわれるシーン、共感性羞恥が芽生えたので)
途中の描写たちや、瀬高が無意識に気持ちが変わっていくアレコレも実は…という伏線回収も非常に好みでした。

更に、瀬高と同族気味だったマミも、台詞をよく読むと最終的に……アレになるよね。
吉野……恐ろしい子!!!
(例の計画、対象者以外には迷惑をかけないように準備してるのが頭が良い人を的に回すとヤバい感あって好き)

 

結局、吉野が内面に秘めていた事情は、過去のトラウマがあったからなのか、元々瀬高やマミ以上の策士だったのかも気になりますね。
個人的に後者だと最強感あるので押したいところ。

最後の2ページ、よくよく見ると、吉野の闇が色濃く見えて(彼女が過去にやってたかもしれないことなど)地味にホラーなところも良かったです。
それに対して、わりとポジティブというか引かないで交際続けようと決心する瀬高の鋼メンタルも併せて面白い。
何だかんだで瀬高は吉野の尻にひかれつつ楽しい生活送れそう。

余談ですが、一時、瀬高が女性の見た目に点数付けしてるコマはネット広告でやたら見かけたので、彼を『漫画広告の有名人』と勝手にあだ名をつけていました。
(あと尾崎先生の別作品・深夜のダメ恋図鑑に登場する自称もこみち君が自分の中では鉄板)

 

試し読み・お得なご購入方法はこちら

すぐに試し読み(気にいったらご購入)できるページのリンク集です。
気になるサイトからチェックしてみてください♪
※全て登録無料のサイトです
(これから電子書籍デビューする方は、特別特典があるので併せてチェック推奨)

【まんが王国】

≪10%オフ確定≫ 毎日、最大50%オフのクーポンが貰えるくじが熱い!

【DMMブックス(旧:DMM電子書籍)】

[2021/4/13更新]現在、初回割引サービス停止中。
(新しいキャンペーンがはじまりしだい、こちらを修正します)

【eBookJapan】
初回登録限定!『6冊まで50%オフ』になる特別クーポン付き!