復讐チャンネル ウラミン

【ネタバレ感想】復讐チャンネル ウラミン19話|紫音の秘密とゲスな本性!胸糞すぎる番外編

「あんた……今度はあの娘を潰す気?ほんと、懲りない人ね」


 

潜入捜査もできず、本人はガードが堅過ぎる、ネットでの検索はソースが不確定…
紫音の情報を集めるものの、進展がなくメンバー内の雰囲気が悪くなりつつあるうらみんTV。

カモを疑う者や適当になる者の中に、一人だけ異質な人物が。
それを見つめる、みのりの心の内とは…?

また、カモと京香の関係は『みのりが提示した条件』もあり、負のループに陥っているようで。

19話は、紫音を取り巻く番外編。
彼の非情な一面が分かりつつも、京香がガチで詰んでるのが分かる回でもあり…!?

管理人
管理人
本ページは「復讐チャンネル ウラミン 〜公開処刑ナマ配信中〜19話・依存」のレビュー記事です
(ネタバレありの内容ですが、核心的な内容は避けております)

▼すぐにご購入・試し読みをしたい方はこちら▼
(ネタバレ無しで、試し読み/ご購入リンクまで移動できます)
(雑誌系は対象作品の試し読みができないことがあります)

【解析】復讐チャンネル ウラミン19話「依存」

登場キャラクター

紫音[しおん]
世間で注目を浴びている優秀な実業家。
その裏では黒いことをしているらしく、19話では非道な一面が露呈される

エリカ[えりか]
紫音が経営するキャバクラ・Mamildaのトップで京香の先輩。
京香の待遇と扱いに思うところがあり、紫音と接触する。
かつて紫音と深い関係があったようだが…

ストーリー・魅どころポイント

紫音を拒否する女の末路。京香の来るかもしれない未来?

京香の勤め先でもあり、紫音が経営しているキャバクラ・Mamilda。
そこでは、ベテランキャバ嬢のエリカと男性スタッフが無断欠勤で現れない京香について話していました。

「マリカ(京香の源氏名)は?」
「連絡がつかなくて…昨夜はオーナーと一緒だったみたいなんですよ」

 

京香と紫音が深い関係にあることに思う所があるエリカは紫音のいるホストクラブへ。
彼女が紫音の元へ赴いたのは、純粋な嫉妬などではなく

「あんた…今度はあの娘を潰す気?」





「マリカが勝手に依存してるだけよ……」
「彼女が依存してるのは、あなたじゃなくて”コレ”でしょ?」

エリカが手に持っているのは、未開封の薬。

 

薬を紫音の眼前で破棄した後、エリカは紫音に決別と取れる言葉を口にします。

かつて今の京香のように紫音に縋って関係をもったエリカ。
けれど『紫音に壊された他の人間』とは同じようにはならない。
今は紫音よりも、己の地位よりも大切な存在ができたから。

 

「私はあなたの○○には……ならないわ」

それを聞いた紫音の表情は今までと違い、一変し……

「復讐チャンネル ウラミン」
19話の試し読み・ご購入はこちら

各サイトでは、12~19話が一気に読めるお得な単行本版も購入できます。

【感想】京香がどう動いても○ぬガチ詰みルートにいるのが嫌でも分かる回

やっぱり紫音はとんでもない奴でしt……知ってた。

京香、因果応報な部分があるとはいえ、大便漏らし&その現場を拡散されるよりも更に詰みな状況になってるのがよく分かる回でした。

このまま紫音(がくれる薬と甘い言葉)に依存しても、いずれ死ぬし、今回のエリカみたいな選択をしても高確率で死ぬ=結局、どの選択をしても人生終了するやつ。
しかも後者の場合、紫音は裏社会の人間と繋がってるから簡単には逃げられないっぽいので、うらみんTVがよほど再起不能にしない限り、カモと京香が以前のように微笑ましい友人関係を紡ぐのは難関そう……

むしろ、こんなヤバいやつ、うらみん達はどう対処するんだ……!?
いっそのこと、誉ファイナンスと共倒れさせた方が良い気がするものの、巻き込まれ体質の曽根は絶対に笑えない結末になる。

 

紫音自体は真っ黒ですが、エリカや彼女や京香の勤めるキャバクラのスタッフ(店長?)は基本的な常識がしっかり整っている印象があり、だからこそ紫音の外面の良さ(経営する店にはそれなりの倫理観を持たせている)を改めて感じられました。
エリカと紫音が言い合ってる時の紫音の部下の意味深なコマもですが、さりげない描写が絶妙な漫画だなと。

 

エリカ、読者目線だとサラッとこれまでのことを話している程度ですが、深読みするとかなり壮絶な人生を歩んでそうで…

しかも、元凶である紫音に対してもスマートな対応(紫音を追い詰めようとかはしていない・本当に大切な物を優先する)してるし、京香の安否も気にする情も持ってる大人な女性…
ラストの描写で○○っぽくなってるけど、最悪のパターンになってないといいなと願っております。

 
 

 

試し読み・お得に買える電子書籍サイト紹介

『復讐チャンネル ウラミン 〜公開処刑ナマ配信中〜』は

  • 1話ずつ読める単話版
    ※21話まで公開中
  • まとめて一気に読める単行本版
    ※3巻(1~5話、6~11話、12~19話)まで購入可能

の2つから購入可能です。

単行本版限定のページはありませんが、金額は『単行本版』の方がお得となっています。

  • 単行本版:1巻660円(1話につき、約110円前後)
  • 単話版:1話につき約165円
    [例]1巻分(5話分収録)を購入する場合
    単行本で買うと→約660円
    単話で買っていくと→165円×5話=約825円

 

 

電子書籍サイトでは、常に紙媒体版ではあり得ない大幅な割引・還元キャンペーンが行われています。
(例:50%オフ、ポイント60%分還元、ログボで1,000円分のポイントGetなど)

情報を知れば知るほど、好きな作品をたくさん読める&作者さまへ貢献可能!

 

現在、お得なキャンペーンをしているのは↓こちら↓
(こちらは随時更新しております)

■Amebaマンガ■

  • 初回限定!100冊まで全作品が半額で購入できる超お得キャンペーン実施中

 

■ebookjapan■

  • 9/24まで!対象商品試し読みで最大20万相応paypayボーナス付与キャンペーン
    (公式のサーバーが落ちるほど人気です)

 

■DMMブックス(旧:DMM電子書籍)■

  • 毎日更新!最大100%OFFでゲットできる割引キャンペーン
  • 2021年9月の毎週金曜日は少年少女漫画ほぼ全部30%還元